キャンピングカー ハイエース

キャンピングカー ハイエースのバンコンがいい♪

キャンピングカーが流行っていますよね。購入を考えているので、人気のハイエースをベースにした扱いやすいバンコンバージョンモデルをみてきました。ハイエースといえば、新車販売の不振が続く国内自動車市場としては納車待ちが数ヶ月といわれるぐらい、珍しく大ヒットとなったワンボックスです。洗練されたエクステリアデザインが人気の要因となっているようです。
外観がノーマルと同じながら、ハイエース・フリークスのスライドドアを開けてインテリアをのぞいてみると、そこは立派なラウンジのようでした。後席は横長のソファ2つを対面するかたちで設置してあり、後席に座る場合は進行方向に対して横に向いて移動することになるのかな?最大で8人座れ、4人が向き合って移動することになり、これはちょっとしたバスツアーを楽しめそうです!ワイワイガヤガヤと、移動中は楽しい空間になるのだろうなぁ。とても座り心地がよく、大変気に入りました。もちろんシートは、通常の状態から大人3人が就寝可能なベッドにアレンジ可能です。子供がいる4、5人の家族で使うとしても問題ない広さになっていました。う〜ん、これは欲しいですネ。お値段はやはりかなり高いです。。。
今、レンタルもできるので次のレジャーはキャンピングカー体験をしてみようと思います。そして気にいったら購入を考えても良いかも!

キャンピングカー 販売

キャンピングカー通信販売を利用して自作する♪

キャンピングカーを自分で造ってしまおう!という人のための通信販売が色々あるのですが、見ているとおもしろいものがいっぱい!
キャンピングカーを業者さんに依頼するときっとものすごくお金がかかるような気がします。ひとつひとつ手作りだし、部品もそれなりのものをきちんと使うだろうし、何よりも内装にはお金がかかると思うから・・・。
その通信販売所では、水周りのポンプや蛇口などから、車載冷蔵庫のようなエレクトリックパーツまで千円単位から高くても10万位の値段で売っているのです!これらをひとつひとつ組み立てるのは大変な作業だとは思いますが、好きな人にとってはとても楽しみなひと時なのではないでしょうか〜♪ソーラーチャージャーがあるのにはびっくり!キャンピングカーで一番心配なのは、車の中で使う電化製品ですよね。ソーラーチャージャーがついていれば、太陽で、いつもニコニコフル充電!自己放電が防止でき、メンテナンスもカンタン安心なバッテリーライフが約束されまよね!
車の中を家と同じくらい快適に過ごそう〜となると、細かいところまで注意を払う必要があります。夜間のシーリングライトなどは嬉しいパーツですよね。キャンピングカーの通信販売カタログで、夢を大きく膨らませています♪想像するだけでも楽しいですよね!

キャンピングカー レンタル

キャンピングカーをレンタルしよう♪

キャンピングカーレンタルしてレジャーを楽しむ人が増えています。どんなタイプのキャンピングカーも、普通免許で運転できるので気軽にレンタルすることができるんです。初心者にとって気をつけなければならない点がいくつかあります。
快適な車内ですが、電気を利用しないときはこまめに消す、ガスなども無限にはないことを頭にいれておきましょう。稀に、バッテリーをあげたまま返車されることもあるそうです。また車内の家具は、軽量・コンパクト化の為、無理に利用すると壊れやすいとか。出発前に説明をきちんと聞くこと、旅の途中でもわからないことはレンタカー会社に聞くなどの対応が大切です。
夜を過ごす場所は初心者なら、安全性や快適さを考えるとオートキャンプ場を利用するのが一番良いのではないでしょうか。何より、安全だし安心ですよね。
区画がきまっているところもあれば、場内のどこで過ごしてもいいところ、また設備もまちまちなので、自分の旅のスタイルにあったところを選ぶことが大切ですね。

キャンピングカー 北海道

キャンピングカーで楽しむ北海道の旅

キャンピングカーを手に入れたら真っ先に行ってみたいのが北海道です。
真冬の北海道はちょっと寒すぎるかもしれないけれど、壮大な自然の中をキャンピングカーで旅したら、さぞかし気分がいいだろうなぁ♪
北海道には自然を楽しめる公園がいたるところにあって、キャンピングカーで宿泊できる場所も色々あるようです。
温泉めぐりをしながら、ご当地自慢の食を楽しみ、自然の中で寝起きをして旅を楽しむ。。。こんなイメージに北海道はピッタリなんですよね!
世界遺産の知床、雄大な釧路湿原、日本最東端の根室、又富良野、旭川等見所が数多くある北海道。電車の移動ではあまりにも広すぎて思うように行かないし、本当の自然を楽しむのは車での移動が一番です!気にいった場所で車を止めて休憩したり、食事をしたり、時間も気にせずにどこまでも行かれるのはキャンピングカー以外でなかなか難しいですよね。
キャンピングカーを持っている人は少ないと思うので、レンタルという方法でもいいかと思います。北海道の大自然と旅。ホテル滞在の利便さや豪華さはないかもしれないけれど、自然を満喫するには極上だと思います♪

キャンピングカー 旅

キャンピングカーでの旅は自由気まま♪

をするとき、移動の手段として車を使っている人は多いと思います。とその時の気分次第で あちこちいける気軽さはいいですよね。旅の目的としては、「秘湯」を訪ねる 旅だったり、釣りのためだったり、ただなんとなくだったりと、ほんとに気分次第。ホテルや食事、交通機関だと時間の制約もあるし、決められたスケジュールをこなすような旅はあまり好きではありません。そのときに足となり、宿となり、カフェにも変身するのがキャンピングカーですね。好きな場所で休憩を取り、景色のよい場所で宿とする、温泉につかり時間を気にいないで行動できるのは、本当に自由な素敵な時間です♪
子供を連れて、またペットも一緒に、人に気兼ねすることなく旅ができるなんてキャンピングカーならではですよね!移動中も生活しているような感覚で過ごすことができるので気持ちも身体も楽!
同じ道を通らないことで、観るもの全てが真新しく、新しい発見や観光本にはでていない珍しいものを発見する旅ができそうですね♪

<<前の5件  .. 2 3 4 5 6..  次の5件>>



Powered by Seesaa