キャンピングカー 用品

CELLSTAR(セルスター) DC-503 【コンバーター】



4WDやキャンピングカーなどのバッテリー電源(DC24V)をDC12Vに変換するコンバーターです。

CELLSTAR(セルスター) DC-503 【コンバーター】


詳しくはこちら


キャンピングカー 用品

キャンピングカーキッチン便利用品

キャンピングカーでのキャンプでは、キッチンを使った手作り料理も楽しみのひとつです。

とは言え、キャンピングカーのキッチンはそれほど大きくないのでアウトドアでやることも多いですが、中のキッチンを使わなければいけない時はとにかく使いやすくしないといけませんよね。

そういうわけで、キッチン用品はコンパクトに収納できたり、使わない時は折りたたんで小さくしまえるものが多いです。

例えばキッチンのキャビネットの底に貼り付けるタイプの後付けキャビネットは、スパイスボトルや小さな缶詰、薬のビンなどを入れておくものですが、使わない時はキャビネットの下に薄く収納されています。
使う時に下へ引っ張り出して中のものを取り出します。とても便利なキッチン用品ですね。

補助テーブルというキッチン用品もあります。
キッチンのシンクのところに使う時だけ取り出すテーブルです。
スペースの狭いシンクに取り付ければ料理もしやすいですね。
使わない時は下に下ろしておけば邪魔になりません。

キャンピングカーを使いながらいろいろ工夫してみてください。

キャンピングカー 用品

キャンピングカーのサブバッテリー充電に



■送料無料■ キャンピングカーのサブバッテリー充電に 75W シリコン多結晶 ソーラーパネル

詳しくはこちら





キャンピングカー 用品

キャンピングカーのおすすめ用品:ルーフテント

キャンピングカーのおすすめ用品のひとつとしてルーフテントがあります。パーツと呼ぶには大きなものですが、とにかく便利です。

ルーフテントは、キャンピングカーではなく、RVや乗用車などの屋根の上に取り付けて寝ることができるテントです。いろいろなタイプのルーフテントがありますが、カップルが寝ることのできるサイズのルーフテントから、4人ファミリーが利用可能な幅のルーフテントまで各種ありますね。

基本的にはある程度大きなサイズのRVなどの屋根につけるのが、このルーフテントの使い方ですが、コンパクトカーのルーフに取り付けるタイプもあるので、大きなキャンピングカーがなくても楽しめます。

このようなルーフテントは、主に他の用品同様に外国製なので価格的には結構高いと思います。ただ、キャンピングカー好きの方にとってはたいした金額じゃないのかもしれませんね。
大体30万円〜40万円程度ですが、20万円を切るリーズナブルなルーフテントもあります。

屋根の上につけるので、地面の凹凸や湿気などに左右されない点が良いと思います。

キャンピングカー 用品

キャンピングカー用品はどこで買う?

キャンピングカーでキャンプに行こうとすると、車以外にいろいろと買わなくてはいけませんが、一体どこでキャンプ用品を買ったらいいのでしょう?

キャンピングカーサイトなどを見ると通販もしていますが、ちょっとしたキャンプ用品もキャンピングカー専門サイトでは結構お高い値段がついています。

また、キャンプ用品専門店などをのぞいてみても、輸入品を中心に有名メーカーものは高いものも多いです。

そんな時私はホームセンターを良く使います。
こんなもの、別に有名メーカー物じゃなくてもいいでしょうなんてキャンプ用品は、名前よりも価格で決めています。だって自分達が楽しめればいいわけですからね。

こういった買い物は、大きなものよりも小物の方が多いかもしれません。比較的大きなキャンプ用品は価格勝負になっているので、キャンプ専門店とホームセンターの価格差はあまりありませんが、小さなキャンプ用品は結構差があります。トータルするとその部分で出費が違ってきますよ。

その他では100円均一のお店でも、十分に使えるキャンプ用品がたくさんありますね。

キャンピングカー 用品

キャンピングカーのキャンプで使う人気用品

キャンピングカーでキャンプをする人たちがこだわるキャンプ用品は何かと言うと、確かに立派なキャンピングカーは欲しいでしょうが、気持ちよく寝ることのできるスリーピンググッズが人気です。

キャンプ用品通販サイトをチェックすると、ランキング上位に必ず来るのはライトなどと並んで寝袋やエアベッドなどのスリーピンググッズなのです。

キャンピングカーには元々寝るスペースがついているので、テントを張るようなキャンプよりは楽に寝ることができますが、家で寝るよりはスペースが狭いので、皆さんいろいろ工夫されていると思います。

屋根の上に取り付けるタイプの折りたたみ式寝室などもありますが、外にテントを張ってキャンピングカーの中と使い分けて楽しむ人も多いですね。

寝袋はマミー型と言うミノムシみたいな形のタイプが売れています。飛び出すこともないのでお子様には特におすすめの寝袋です。
保温性や保湿性をアップするために寝袋の外につけるカバーも人気です。フェイスの部分が防虫用のネットガードになっているタイプなら、虫に刺されなくてすみますから安眠できますね。

まくらにこだわる人も最近は多いようです。


Powered by Seesaa