キャンピングカー 軽自動車

軽自動車のキャンピングカーで全国を旅行したい!

軽自動車キャンピングカーで旅行してみたいなぁと思っています。

軽自動車なら自作のパーツや部品で改造してもコストが安く、普通に寝泊りする程度のキャンピングカーならすぐにできちゃいます♪

最近の軽は結構パワーがあり、ガソリンも伸びますので、経済的に旅をするにはもってこいだと思います。アクセサリーもシンプルに取り付けカーナビと食料さえあれば、気軽に全国を旅して回れます。

軽自動車なら場所を取らないので、どこでも車を止めて休憩でき、夜もどこでも寝る事ができます。最近はカーテレビがナビと一緒に付いていますので、夜も娯楽に困りません。お風呂は街の銭湯や日帰り温泉、中にはパーキングエリアでシャワーがついているところもあるので、工夫ひとつでなんでもできます。

発電機も積んでいますので、オートキャンプ場でも明るく電気製品は何でも使用でき、キャンプが楽しくなります。パソコンや携帯電話があれば連絡にも困ることはありません。

寒さ、暑さの調節さえできれば、快適なキャンピングカーの旅行ができると思います♪


キャンピングカー 軽自動車

キャンピングカー 軽自動車がブーム。

寝泊まりや炊事が車の中でできるキャンピングカー

国土が狭く、交通機関が発達した日本では、これまで一部の富裕層が中心だった需要が最近、急増しているようですネ。

定年退職して余暇が増えた団塊の世代が夫婦でペットを連れて遠出したり、団塊ジュニアの若い世代の親が子供との接点としてアウトドアを楽しんだりするため、購入しているケースが多いそうです。最近では、安価でコンパクトな軽自動車をベースにしたキャンピングカーが登場し、価格も安く、保管にも困らないし、なにより小回りが効くと、人気を集めているそうです。

また全国で道の駅が増えたことや、高速道路のパーキングエリアやサービスエリアが美化されたこともブームに拍車をかけていますね。道の駅などの駐車場で車中泊すれば、宿泊費が軽減できし、シャワーがついているパーキングエリアなども増えているのであまり不自由しないのでしょう。

今まではキャンピングカーといえば大きな外車だったり、国産車でもかなり大きめのワゴンというイメージが強かったですが、最近は軽自動車のキャンピングカーが話題になっていて、気軽に購入できるお値段と保管場所やメンテナンスにさほど困らない手軽さで広がりを見せているようです。

大金をはたいて贅沢な旅行も素敵ですが、こうしたキャンピングカーで家族の絆を再確認するのもいいかもしれませんね♪

キャンピングカー 軽自動車

軽自動車のキャンピングカーをゲットする方法

軽自動車キャンピングカーを購入するにあたって、軽キャンピングカーは一般のカーディーラーや中古車販売店に行っても置いていませんよね。

どうやって軽自動車のキャンピングカーを手にすることができるのでしょうか。

新車・中古を扱うディーラーから購入する方法や、自分が持っている軽自動車をキャンピングカーに改造してもらう方法がありますよね。
キャンピングカー専門のディーラーや製造販売を行っている事業者などから、新車または中古車の軽キャンピングカーを購入するのが一番簡単ですが、まだまだ軽自動車のキャンピングカーを扱っている業者さんはそんなに多くないと思うので、下調べが必要ですね。

自分が持っている車(または新たに車を取得し)を特殊車両の製造(改造)などをサービスとして行ってくれる事業者に持ち込み、キャンピングカーとして改造してもらう方法もいいかもしれません。
中にはパーツを揃えて自分で改造してしまう人もいるかもしれません。

専門のパーツを買うと値段は高いようですが、ホームセンターなどでそれらしいものを買い揃えると数十万で出来上がるようです。

どこまで装備が整った、どんなキャンピングカーにするか、によると思いますが・・・そうなると、造り上げるところから楽しみですよね♪


キャンピングカー 軽自動車

軽自動車キャンピングカーを購入するメリット

主流の大型キャンピングカー軽自動車のキャンピングカー比較してみて、軽自動のキャンピングカーを購入するメリットについて考えてみました。

◆価格の安さ:軽キャンピングカーの利点としてまず挙げられるのが価格。なんといっても安い!大型のキャンピングカーは、アメリカ製など外国製品が多く、価格も500万円をくだらない。通常の自動車であれば高級車に属す価格であり、一般の方にはなかなか手が届きません。

一方、軽キャンピングカーの価格は200万円前後(オプションなどをつけると300万円程度になる場合もあります)。軽であるということを考えると決して安いというわけではありませんが、それでもちょっと頑張れば手が届く範囲内になっています。

◆維持費の安さ:車の購入時には、維持費抜きでは考えられません。
ガソリン代 ・駐車場代・車検代・税金・保険料・その他(内外の清掃やグッズの購入に必要な金額)いずれの点においても、大型よりも軽自動車の負担は圧倒的に安くてすみます。

◆走行性能:馬力などの点においては、軽自動車だけあって優れているとは言えませんが、手軽さや小回りの良さといった点では、軽キャンピングカーは大型のキャンピングカーよりも圧倒的に優れています。小さい軽キャンピングカーは狭い路地でもスイスイと走ることができ、燃費が良いからお出かけ時にガソリン代をあまり気にすることもありません。

◆小スペースで駐車可能:小スペースで駐車可能であるという点も大きなメリットの一つです。郊外やキャンプ場などでは確かに駐車スペースは気にすることは無いかもしれません。しかし、自宅のガレージや街中のコンビニなどには、大型のキャンピングカーは駐車しづらいでしょう。小回りがきき、どこでもスッと駐車できるというのは実は大きなポイントです。

普通の感覚で買うことができると思うのですが、いかがでしょうか♪


キャンピングカー 軽自動車

キャンピングカー 軽自動車なら買える!?

軽自動車キャンピングカー」というものがある、と知ったのは実はごく最近のことです。

キャンピングカーはもちろん知っているけど、それの軽自動車版なんてあるの?と正直驚いたのを覚えています。

キャンピングカーといえば、トラックのような大きな車じゃないと実現不可能だと思ってました。車としての動力部分や座席、それに生活できるスペースを一つの自動車の中に押し込めるわけですから、かなり大きなものでなければ無理〜!ってだれでも思いますよね。

キャンピングカーへのあこがれだけしか持っていなかった私としては、当然、大きな車だと決め付けているわけです。運転しにくそうだし、普段の生活には使わないものなので保管場所にも困るし、なんといっても高いだろうなぁ・・・メンテナンス費も馬鹿にならないだろうし・・・なんて頭の中で欲しいけれど買えないもののひとつとしてインプットされていました。

しかし、軽自動車のキャンピングカーとの出逢いが、私のキャンピングカーに対する印象を一新することになったのです。そればかりか、キャンピングカー購入の現実的な選択肢の一つとして、急浮上してきたのです。

ちなみに、軽キャンピングカーは軽キャンカー (けいきゃんかー) 軽キャンパー(けいきゃんぱー)とも呼ばれ、現在アウトドア派の方々の間でひそかなブームだとか!軽自動車なら買える!っていう人も多いと思うのですが♪


Powered by Seesaa